シベリアン・ハスキーについて

シベリアンハスキーの写真今回は【シベリアンハスキー】についてです。

 

原産国:アメリカ
体高:54cm~60cm
体重:21kg~28kg
性格:フレンドリー、社会性が強い、責任感が強い、頑固で不器用、明るく前向き、用心深いが攻撃性は低い
なりやすい病気:眼病(若年性白内障、緑内障、ブドウ膜皮膚症候群、進行性網膜萎縮他)、皮膚疾患、股関節形成不全、変形性脊椎症

 


ワイルドな容姿とアーモンド形の鋭い目つきがかっこいいシベリアンハスキー。
今現在もそり犬として活躍する優秀な犬種で、ハスキーと呼ばれることが多いです。

 

性格

とても友好的で社会性・状況判断力が高い
飼い主に従順
独立心が強く頑固なところがある
慎重で控えめ
好奇心旺盛
明るく前向き

近寄りがたい厳つい容姿をしてますが、元々仲間と協力してそりを引く仕事をしているため人にも犬にもとてもフレンドリーで、明るい性格をしています。

 

病気

・熱中症
・皮膚疾患

・肥満
太ってしまうと足の関節に影響が出るので注意が必要です。

・眼病
白内障や緑内障などをはじめ複数の眼病にかかりやすいので、定期的な検査を欠かさないようにしましょう。

極寒地で生まれ育ったハスキーは毛が厚く、日本の高温多湿の気候にはあまり適しているとは言えません。

 

しつけ

※ハスキーはしつけや訓練が入りにくいとよく言われ、あまり初心者向けの犬種とは言えません。

重いそりを引くため力も強く、しつけができていなければ問題行動や事故が起きてしまいます。
しつけは子犬のころからの主従関係の構築と、忍耐強い訓練が大切です。

 

散歩

犬ぞりの犬種として現在も活躍しているハスキーは雪の中そりを引いて長距離を走るため膨大なスタミナがあります。
時間があれば休日などはドッグランなど広いところで自由に走り回らせましょう。

最低でも朝夕それぞれ1時間以上の散歩が必須です。

投稿を作成しました 43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る