オールド・イングリッシュ・シープドッグについて

オールド・イングリッシュ・シープドッグの写真今回は【オールド・イングリッシュ・シープドッグ】についてです。

 

原産国:イングランド(イギリス)
体高:56~61cm
体重:30kg前後

 


 

オールド・イングリッシュ・シープドッグはイギリスで牧羊犬として活躍していた使役犬

※牧羊犬と言っても色々あり、よく知られている吠えによる家畜の誘導とは違い、オオカミなどからの護衛が主な仕事でした。

 

性格
・陽気で遊び好き
・フレンドリー
・家族・子供好き
・賢く好奇心旺盛
・寂しがり

愛情深く「ナニー(乳母)犬」と呼ばれるほど子供が好き
家族や子供たちと一緒に遊ぶことが得意
陽気で好奇心旺盛、遊び好き
賢く学習能力も高いため、救助犬や捜索犬にも適している
警戒心は強くなく、他人や他の動物にもフレンドリーなため番犬には向いていない
長時間一匹で留守番する環境には適しておらず、一匹だけで放置すると寂しさやストレスから物を壊したり乱暴なふるまいをすることもあるため、できる限り誰かと一緒にいられる環境を用意する必要がある

 

病気
・股関節形成不全
・胃捻転

大型犬に多い病気である股関節形成不全(遺伝性疾患)や胃捻転には注意が必要
特に胃捻転は起きると一刻を争う命にかかわる疾患のため、食事や水分は一度に一気に摂取しないよう小分けにしたり、食事前後の運動をしないなどの予防が必要

・皮膚病
・熱中症
・外耳炎

オールド・イングリッシュ・シープドッグは密集した被毛(ダブルコート)を持っているため、熱中症及び皮膚疾患を起こしやすい
熱中症対策はもちろん、皮膚疾患予防として皮膚の状態の把握(ブラッシングなど被毛の手入れ等)を欠かさない

 


賢い犬種のためそれほどしつけは難しくないが、小さい頃からの一貫したしつけが大切
遊び好きでスキンシップが好きなので、怒るよりも褒めたり遊びを通してのしつけが向いている
大型犬なので、たとえ興奮していてもきちんと飼い主の言うことに反応するようしつける必要がある(暴走防止)

 

散歩
散歩は最低でも朝夕1時間ずつ

大型の牧羊犬なのでそれなりの運動量が必要となる
そのため散歩とは別に、ボールなどでの遊びも重要

投稿を作成しました 52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る