日本スピッツについて

日本スピッツの写真今回は【日本スピッツ】についてです。

 

原産国:日本
体高:30cm~38cm
体重:6~10kg

 

30位


 

日本スピッツは真っ白な被毛が特長の犬種で、写真で見るとポメラニアンにも似ていますが体格が違います。
超小型犬のポメラニアンに対し、日本スピッツは小さめですが中型犬になります。

 

性格

遊び好き
好奇心旺盛
人懐っこい
他の動物などにも友好的
穏やかで愛情深い
神経質
警戒心が強い

高度成長期のブームによる乱繁殖ののち、適切な選択繁殖が行われた日本スピッツは今、過剰な警戒心と無駄吠えの少ない犬種になっています。

 

病気

・皮膚疾患(膿皮症、落葉状天疱瘡、全身性紅斑性狼瘡、アレルギー性皮膚炎)
日本スピッツは肌が弱いため、ブラッシングをはじめとした手入れをこまめに行い清潔さを保ち、皮膚の状態をよく確認することが大事です。

・膝蓋骨や肘関節の脱臼
手足が細いため、筋力不足にならないよう適度な運動で筋肉をつけることが必要です。

・気管虚脱
気管が押しつぶされることで呼吸困難を引き起こします。
首に負担のかかる首輪ではなく、ハーネスを使うようにしましょう。

・血友病
生まれつきの遺伝性疾患で、血小板の異常により血が止まらない病気です。
そのため、血友病だった場合は大きな怪我などに十分な注意が必要です。

・流涙症

・僧帽弁閉鎖不全症

・甲状腺機能低下症

 

しつけ

日本スピッツは賢く物覚えがいいので、それほどしつけは難しくありません。

ですが神経質に育ってしまうと無駄吠えなど問題行動が起きやすくなるので、子犬のころから社会性を養い、色々なところへ連れていくことで環境の変化に対応できるように育てることが大切です。

 

散歩

散歩は毎日朝夕それぞれ30分以上

日本スピッツは活発で、十分な運動をしてストレスを溜めないようにしてあげなければいけません。
散歩の他、ボール遊びなども取り入れましょう。

 

高度成長期のころの日本スピッツは、ブームによる乱繁殖により過剰な警戒心と無駄吠えが目立つ犬種として、すぐに人気は下火になりました。

ですが、愛好家の方たちの長年の努力により飼いやすい犬種となり、今また人気が出てきているようです。

 


▼参考
アニコム損害(ランキング):https://www.anicom-sompo.co.jp/special/breed/

投稿を作成しました 42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る