ダルメシアンについて

今回は【ダルメシアン】についてです。

 

原産国:クロアチア・ダルメシア地方
体高:56cm~61cm
体重:27kg~32kg
性格:陽気で明るい、活発で家族にはフレンドリー、人見知り、警戒心が強い、頑固、神経質
なりやすい病気:先天性聴覚障害、尿路結石、ワーデンブルグ・クライン症候群、白内障

 


 

ダルメシアンはディズニーの「101」101匹ワンちゃんに出てくる犬です。
昔は馬車の伴走犬として、護衛や番犬の役割を果たしたり、ネズミ駆除や猟犬として活躍していました。

 

性格

陽気で人懐っこい
甘えん坊
警戒心が強い
人見知り
神経質

家族にはフレンドリーで遊び好きですが、他の人や犬には懐きにくく、警戒心の強い犬です。

 

病気

・先天性聴覚障害
パイボールド遺伝子が原因と言われている
動くのを嫌がったり飼い主への依存が強くなったり臆病になったりした場合、聴覚障害の可能性があるので病院で確認しましょう。

・尿路結石
ダルメシアンは尿酸を分解することができず、尿結石ができやすい。
さらにこの尿結石は療法食などでは溶解することができないため悪化しやすく、またオスは特にメスよりも尿管が詰まりやすく、放っておくと死に至ることもある。
健診などで定期的に検査をするほか、日頃から尿量の変化に注意が必要。

・ワーデンブルグ・クライン症候群
・白内障

 

賢い犬種ではありますがトイレやトレーニングなどの訓練の物覚えはあまり良くありません。
工夫をしながら根気強く教えることが大切です。

しつけができていないとコントロールが効かず事故などが起きる可能性が高くなってしまうので、子犬のころからきちんとけじめをつけてしつけましょう。

 

散歩

ダルメシアンは馬車に並走して旅をしていたため、尋常でない体力と持久力を持っています。
若い犬であれば10㎞は余裕で走り回るほどです。

そのため朝夕2回、1時間以上の散歩が最低限必要です。
運動不足に陥ってしまうと問題行動の他体調不良を引き起こすこともあるので注意が必要です。

投稿を作成しました 52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る