チャウ・チャウについて

チャウチャウの写真今回は【チャウチャウ】についてです。

 

原産国:中国
体高:48cm~56cm
体重:18kg~27kg
性格:冷静で警戒心が強い、頑固、マイペース
なりやすい病気:緑内障、瞼腱内反、まつ毛の乱生、アレルギー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、天疱瘡、苔癬化による脱毛、癌(消化器)

 


しかめっ面と青い舌、ライオンのような豊かでふわふわな被毛が特徴のチャウチャウは元は猟犬として使役されていました。
しかしその後、猟犬の他、番犬や食肉用、毛皮用にと繁殖目的が変わり、体格に似合わずあまり動かないようにと作出されていきました。

 

性格

警戒心が強く冷静
とても頑固
独立心が強くマイペース
飼い主に対しては忠実
友好的でない

 

病気

・眼病(潰れたような瞼で目の小さなチャウチャウは眼病の発生率が高い)
瞼腱内反(瞼の縁が目の中に入り込む症状)やまつ毛の乱生(まつげが目の中や外など不規則な方向に向かって生える)による目の傷
緑内障(放置すると失明してしまう病気です)

・胃がんなどの消化器系のがん(発生率が他の犬に比べ非常に高い)

・皮膚疾患(被毛が厚いうえ内分泌疾患や免疫疾患が起きやすいため皮膚の異常が起きやすい)
アレルギー性皮膚炎
脂漏性皮膚炎
苔癬化などによる脱毛
※痒そうにしていたりする場合は早めに病院を受診しましょう。

チャウチャウは気を付けるべき病気の多い犬種で、常日頃のセルフチェックの他、定期的な健診が大事になります。

 

しつけ

チャウチャウは飼い主には従順なので、犬が飼い主と認め信頼関係が築けてさえいればしつけはそれほど難しくありません。
逆に飼い主として認められなければ全くいうことを聞かなくなるので注意が必要です。

問題行動を減らすため、子犬のころからしっかりしつけて服従性を身につけましょう。
また色々な人や犬と触れ合うよう、色々な場所へ連れていくことで社会性を身に着けることが重要です。

 

散歩

大型犬に分類されるが、運動量はあまり必要としない
(食肉用や毛皮目的にあまり動かないように繁殖された)

1日1~2回、犬の様子を見ながら連れていきましょう。

投稿を作成しました 52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る