オーストラリアン・ケルピーについて

オーストラリアン・ケルピーの写真今回は【オーストラリアン・ケルピー】についてです。

 

原産国:オーストラリア
体高:46cm~51cm
体重:11kg~21kg

 


 

オーストラリアン・ケルピーは牧羊犬としてオーストラリアで活躍する犬種です。

最近ではドックショー出場を目的とした「ショータイプ」と作業犬として働くことを目的とした「ワーキングタイプ」に分けられますが、基本的な外見の特徴は同じで、毛質や毛色、サイズの詳細に違いがあるそうです。

 

性格
・牧羊犬らしい活発さと俊敏さを持つ
・飼い主や家族が大好きで服従心が高い
・繊細かつ判断力が高い
・争いを好まず協調性を持つ
・警戒心が強く、番犬としてとても優秀

オーストラリアン・ケルピーは活発かつ俊敏で、仕事や遊ぶことを生きがいとする犬種
飼い主や家族が大好きで服従心が高く、繊細かつ判断力に長ける
争いを好まず協調性もありますが、自分が認めた相手以外には距離をおく
普段は大人しくあまり吠えることもないが、見知らぬ相手や不信感を持った相手に対しては吠えるなど、警戒心が強く番犬としてとても優秀

 

病気
・進行性網膜萎縮

目に関する遺伝疾患で、網膜に異常が出て、視力低下や悪化すると失明にまで至る

・小脳変性症

小脳が正常に働かなくなる病気で、歩き方などに異常が出る

・拡張型心筋症

心臓の筋肉に異常が起こり心臓の働きが悪くなる病気
原因は不明で、失神を起こしたり悪いと死に至ることもあるため、失神を起こしたときはすぐに病院へ連れていきましょう。

・股関節形成不全

股関節形成不全になる原因として肥満もあるため運動と食事管理を怠らないように注意

 


飼い主に対する忠誠心、服従心がとても強く物覚えもいいため、しつけは難しくないと言われる
幼犬の頃から飼い主との主従関係をしっかり教えることが肝心

 

散歩
オーストラリアン・ケルピーは元々牧羊犬で、仕事中毒と言われるほど活動的で、それはワーキングタイプ、ショータイプともに変わらない。

タイプに関わらず、ランニングを交ぜた1~2時間以上の散歩を最低1日2回と、可能な限りドッグランなどで自由に走り回りれるようにする。

他の犬種に比べても脚が速いく、例えしつけが完了していても好奇心からどんどん遠くへ走ってしまう可能性があるため、絶対にオフリードにしてはいけない。

投稿を作成しました 52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る