オーストラリアン・キャトル・ドッグについて

オーストラリアン・キャトル・ドッグの写真今回は【オーストラリアン・キャトル・ドッグ】についてです。

 

原産国:オーストラリア
体高:43~51cm
体重:18~21㎏

 


 

オーストラリアン・キャトル・ドッグは、イギリスから持ち込まれた牧羊犬をもとにして改良された牧牛犬(ヒーラー)です。

牧牛犬・・・吠えて家畜を誘導する牧羊犬とは違い、牛の脚を噛んで誘導する方法をとるため、忍耐力に加え踏みつぶされないよう牛の進路から離れたりするなどの判断力や俊敏さ、長時間牛を移動させることができる体力と荒っぽい牛にも果敢に挑む性格が必要

 

性格
・好奇心旺盛
・賢い
・忠実で忍耐強い
・度胸と行動力がある
・警戒心が強く他人に慣れにくい
・自立心があり頑固

飼い主に忠実で忍耐強く、好奇心旺盛なところがあり頭がいい犬種
牛相手に仕事をしてきたため度胸と行動力があり、自己判断力も持つ
飼い主家族には人なつっこいが、見知らぬ犬や人には警戒心からなかなか慣れない
強い自立心をもち、頑固な一面がある

 

病気
複数の犬種を掛け合わせているため遺伝性疾患にかかりやすい傾向にある

・股関節形成不全
・進行性網膜萎縮症
・盲目
・難聴

股関節形成不全や進行性網膜萎縮症にかかると、最悪の場合歩行困難や失明に至るため注意が必要

 


主従関係をしっかり構築していければ、元々賢い犬種のためしつけ自体は難しくない

オーストラリアン・キャトル・ドッグのしつけで大事なことは2点
・常に毅然とした態度で飼い主がリーダーであることを教え込むこと
・牧牛犬の気質である足元をかむ癖を放置せず、甘噛みでも一切やらなくなるまで教え続けること

 

散歩
先に記述した通り、長時間牛を移動させる仕事をしていたため運動量はかなり多く、とても活発な犬種
運動不足になるとストレスが溜まり、攻撃的になったりするため、相応の運動量が必要になる

朝夕2回、各1時間以上の小走りも入れた散歩が最低限必要

その他、マメにドッグランで自由に走り回る時間を作ったり、ボールやディスクを追いかけるなどの遊びを取り入れ、運動不足にならないように気を付ける必要がある

投稿を作成しました 52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る